4月23日19時19分 エレナさんからメール(Google翻訳;一部抜粋)

ウクライナ患者会支援

日本人の友達。私は質問に答えます:
2.状況の一般的な理解のために、それはまだウクライナにないと言わなければなりません
ウクライナでは保険薬がありましたが、IBD患者の治療プログラムはありませんでした。
私たちの中で国では、子供だけが適切な薬を提供され、専門化されました
食物。成人患者は自費で薬を購入することを余儀なくされました。
私たちの組織は、この状況を変え、それを達成するために取り組んできました
そのような患者のための州のプログラムの実施。そして、私たちは私たちが戦前にこの状況でいくらかの進歩を遂げました。

戦争はこれらすべてのプロセスを凍結しました。
戦前の患者が薬を購入したい場合ウクライナの薬局および/またはヨーロッパの薬局の薬、そしていくつかのトルコとエジプトから薬を持ってきました(安いので)
ます戦争これらの機会は閉じられました。まず、ほとんどの薬局は機能しませんでした、
第二に、医薬品の供給が停止されました。私たちの薬のほとんど全ての販売業者は外国企業は、従業員の安全のために避難し、ウクライナの領土、したがってウクライナでの作業を中断しました。
第三に、私たちの患者である多くの人々は、危険な都市、仕事や収入を失い、薬を買うためのお金がない
さらに、私たちの患者のために常に現代的な治療を受ける機会、臨床試験に関与しており、私たち自身の多くは患者は実際に効果的な治療を受け、優れた結果をもたらしました。
しかし、戦争が始まると、すべての臨床研究プログラムが中断されました。そしてそれに応じて、IBDのすべての患者は適切なものなしで残されました

タイトルとURLをコピーしました