北海道札幌市、特定医療費(指定難病)受給者証3か月自動延長決定

新型コロナ関連

コロナ禍で宣言エリアの自治体に、受給者証更新手続きを柔軟に対応できるとする厚労省通達を受け緊急事態宣言下の北海道札幌市は、有効期限の3か月延長を決めました。

札幌市の 【重要なお知らせ】特定医療費(指定難病)受給者証の有効期限延長について
札幌市の案内リーフレット 特定医療費(指定難病)受給者証の有効期限延長のご案内

札幌市の対応は
・有効期限を3カ月自動延長(~12/31まで)
・手続き期間は9月頃~12月28日となる予定
・臨床調査個人票は、今回の申請に限り、令和3年4月以降作成のものであれば使用できる(通常は申請日の3カ月前までに作成したものが有効)
・期限を延長した受給者証は送付しない(今の受給者証をそのまま使う)
・延長期間中に、北海道外の医療機関を受診する際は、
保健所から発送されるチラシを提示する(※各自治体により対応が異なるため)
・更新手続きの案内は6/11頃発送予定

タイトルとURLをコピーしました