IBDとは

IBD(Inflammatory Bowel Disease=炎症性腸疾患)とは

IBD(Inflammatory Bowel Disease=炎症性腸疾患)とは通常、
潰瘍性大腸炎(Ulcerative Colitis)
クローン病(Crohn’s Disease)
のことをさしています。
それぞれ大腸、 または大腸及び小腸に認められる難治性の慢性の腸炎です。

潰瘍性大腸炎(UC)クローン病(CD)はともに、厚生労働省より特定疾患に指定されています。

潰瘍性大腸炎(UC)とは

潰瘍性大腸炎は、20歳代を中心とした若年者に好発し、大腸に慢性的な
炎症が生じ潰瘍ができ、血便、粘液便、下痢や腹痛などが良くなったり(緩解)、
悪くなったり(再燃)を慢性的に繰り返す原因不明の病気です。
病気がおこる場所(病変部位)は直腸を中心として始まり、大腸全体にまで
広がることがあります。

クローン病(CD)とは

クローン病は、主に10~20歳代の若年で発症し、消化管に縦走潰瘍
(腸管の縦軸方向に長く深い潰瘍 )あるいは敷石を敷いたような潰瘍、
粘膜が腫れたり、狭窄(炎症を繰り返すことによって内腔面が狭くなる)
になったりする原因不明の病気です。
この病変は口腔から肛門までの消化管のあらゆる部位に見られますが、
小腸や大腸が好発部位です。
主な症状として腹痛、下痢、発熱、肛門病変(肛門周囲膿瘍や痔瘻)などが
ありますが、消化管以外の合併症を伴うこともあります。

特定疾患とは

まず難病とは

1)原因不明で治療方針未確定であり、後遺症を残す恐れが少なくない疾病
2)経過が慢性にわたり、単に経済的な問題のみならず、介護等に著しく人手を要するために家族の負担が重く、また精神的にも負担の大きい疾病
(昭和47年の難病対策要綱)

と定義されています。
難病のうち原因不明で、治療方法が確立していないなど治療が極めて困難で、病状も慢性に経過し、後遺症を残して社会復帰が極度に困難もしくは不可能であり、医療費も高額で、経済的な問題や介護等家庭的にも精神的にも負担の大きい疾病で、その上症例が少ないことから、全国的規模での研究が必要な
疾患を「特定疾患」と定義しています。
現在、難病は130疾患あり、そのうちの特定疾患に指定されている56疾患は、医療費の公費助成があります。
潰瘍性大腸炎クローン病は、この56疾患に入っています。

詳しくは、下記リンク先をご覧下さい。

難病情報センター(財団法人 難病医学研究財団)



このページのTOPへ戻る

Copyright (C) IBDネットワーク All rights reserved.